読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不定期更新「私基準でいろいろ書いてます。」

管理人が、私基準で読書やほか気になったこと綴ります。

小説

「童貞---どうもこいつがいけない厄介者なんだ。」

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。 「雪国」川端康成 作 いやあかっこいい書き出しですね「夜の底が白くなった」なんてなかなか書けないですよ・・・なんていうのもおこがましいというか俺なに偉そう…