不定期更新「私基準でいろいろ書いてます。」

管理人が、私基準で読書やほか気になったこと綴ります。

新型プリウス・オーナーレポート その1 「プリウスの短所」

所有車の紹介

新型プリウス(H28.6納車)買いました。グレードは「A ツーリング」

色はホワイトパール。主なOPは下記の通りです。

9インチナビ、ドライブサポートイルミネーション、ウェルカムイルミ、室内照明のLED、室内イルミ(フットライト)、バイザー、ドアエッジモール、その他メンテ関係。

全車のドイツセダンが下取り30万、込み込みで310万の現金払で購入しました。

現在、約1500km走行しました。

購入の理由

購入時にはアテンザ、レガシー、スカイライン(中古)、ゴルフ等と比較検討しました。

価格的には、プリウスが一番安くかつ、所有する満足度が高そうなクルマとして、プリウスを選びました。

プリウスはある意味スペシャルなクルマですし、価格はさておき、上記の車両と比較しリッチ・・・というよりもプアでないイメージがあったのです。

まあ、スカイラインのほうが圧倒的に値段の高いですが、横にBMWが並ぶと少し引け目を感じる。しかしプリウスだと平気・・・あくまで、見栄と個人的感想ですが。

それとハイブリッド一を本格的にのってみたかったこと。試乗したときのハイブリッド独特の始動や液晶のメータ&情報などの世界感に魅了されてしまったのです。

後席の頭上の狭さがネックで購入はないなと思っていたのですが、一緒に試乗したパートナが「そんなに狭くないよ」といったので、そこはクリアとしました。冷静に考えるとにはやっぱ狭いなと思いますが。

プリウスの欠点

プリウスは欠点の少ないクルマです。もちろん、商品ですので価格にみあったコストがあるので、品質がややチープであったり、装備として不足するところがあるのは仕方がありません。

ただ、ここはもう少ししっかりやったほうが、よかったんじゃないか。

せっかく、クリームもスポンジもおいしいケーキなのに、乗っているいちごが少し酸っぱい・・・そんな「惜しいぞプリウス」という欠点を上げていきたいと思います。

 

〇やっぱり狭い後席の頭上

 購入時には我慢できる範囲と考えましたが、やっぱり狭いですね。トヨタのウェブや試乗記事では、前者より広くなったとか、十分な広さというコメントを見ますが、身長173cmの私が、「髪が天井に触れる」レベルですので、長時間の乗車はややつらいですね。ゴルフ場などへは2名で行くのが無難です。あまり目上の客人を後席には座らせにくいです。まあ、年に数回ですけど。

ロードノイズ

 走り出しは恐ろしく静かですが、高速道路などでのロードノイズ、タイヤと路面のドラミング音がかなりうるさいです。

 グレードは「Aツーリング」なので、Sグレードより遮音対策がされているはずですが、それでも気になるレベルです。エンジン音や風切り音は全く気にならないので、ロードノイズのみが強調されて感じてしまうようです。デシベル値としては静かなデータなのかもしれませんが。

〇トノカバーのレール&フック

これは、100円ショップ品質です。一度として、一発でトノカバーを閉じられたことがありません。このあたりは是非実車でお確かめください。

〇少しウインカーレバーの質感が緩い

わずかですが、やや緩いな感じがします。も少し剛性を高めてほしい。

 

いまのところ、これぐらいです。また気が付けば別の機会に。

繰り返しになりますが、基本良いクルマです。

みんな持ってる「臭い玉」って知ってました?(ニュル系)

世の中にはまだまだ知らないことがあると驚いた。

膿栓。別名「臭い玉」と呼ばれているらしい。

【みんな持ってる!】お口の臭い玉「膿栓」動画 - NAVER まとめ

最近、「痰」がよく絡むのでネットで調べていると「膿栓」という文字を発見しました。結構なインパクトのある単語なので。ググってみると結構関連記事があったのでびっくりです。

のどちんこのそばに細菌の屍骸やら食べカスとか組織の垢がたまってできるらしい。「チンかす」という言葉があるが、のどちんこにも「チンかす」があるといういうことだ。

上のリンクを見ると、図解や除去している動画もあったりしています。ただし、まだ私自身はお目にかかったことが無い。

と、ここまで書いて、実際のところ、こやつの存在がいまいち信用できないのだけれでも・・。

「臭い玉」は実在するのか?商売のためのでっち上げという場合もある。昔あった「宿便」と似たり寄ったりでは?誰かの仕掛けか?と思ったが、あまり関連の「商売」の臭いはしない。

なんせ、口のなかだしね。口臭だしね。

「膿栓(臭い玉)除去キット」販売しますか?

 

「実家がゴミ屋敷に」・・・・はよくあることと判明

本日のNHK朝の番組「あさいち」は下記の内容。

どうする?親の家の片づけ|NHK あさイチ

具体的な内容や解決方法は上記サイトを見ていただくとして、私的に最大の収穫は、

「実家のゴミ屋敷化は実はよくある事だった。」ということ。

       f:id:tobiuo1120:20140707150935j:plain

 番組中でもサンプル数等は忘れたが、高齢者のいる実家を持つ女性の60%が、実家のちらかり具合に不安をもっているとのこと。番組ゲストの水道橋博士さん(タレント)、城之内早苗さん(演歌歌手)も体験談を語っていました。

番組中の再現ビデオでは、台所の戸棚を整理しようすると、母親が作ったらしきジャムなどが入ってるガラス瓶を発見。おそるおそる空けると虫がわいてて、悪臭が家中に充満したという。

「えー信じられん」といいたいところだが、実家の食器棚でミイラ化したゴキブリを発見している私としては、「あるある」だ。

また別の事例では、母親がもやしが好きで買ってくる。で冷蔵庫をみるともやしの下にもやしがあって、そのまた下にもやしがあってすでに腐敗しているという。

「なんでだー」といいたいところだが、数ヶ月前の卵バック(1個ぐらい消費)を冷蔵庫で発見している私としては、まったくもって「あるある」なのだ。

そのほか、玄関に使わない傘が10本以上あったり、戸棚に同じカレーパックが散乱していたり、台所の床に調味料やなべがじか置きされていたり。

一時「ゴミ屋敷」問題がワイドショーなので取り上げられ、住人が変人として扱われていた。私もここ最近の実家の様子から他人事ではないと危惧していた。実家には少なからず客人(仏壇があるので定期的に和尚がきたり、回覧版やら)がくるので、近所に悪い噂がたつのではと憂鬱でいた。

本人(母親)は「目に付くところは片付けている」というが、全然ちらかってるし・・。

そんなわけで、実家のゴミ屋敷化は全然特殊な事象ではないことが判明。


トイレの神様/植村花菜 - YouTube

 

あえて言おう。おばあちゃんは「トイレの神様」にでてくるような、きれい好きで元気なおばあちゃんばかりではない。むしろゴミだらけで平気なおばあちゃんのほうが多い。家が汚くても神様はいる。

トイレが汚かろうが家がゴミいっぱいだろうが、おばあちゃんはおばあちゃん。母親は母親だ。

NHK「あさいち」の主旨を、若干取り違えているという指摘もあろうが繰り返し言う。「実家のゴミ屋敷化は実はよくある事だった」ということ。

かなりホッとした。サンキューNHK