読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不定期更新「私基準でいろいろ書いてます。」

管理人が、私基準で読書やほか気になったこと綴ります。

「実家がゴミ屋敷に」・・・・はよくあることと判明

本日のNHK朝の番組「あさいち」は下記の内容。

どうする?親の家の片づけ|NHK あさイチ

具体的な内容や解決方法は上記サイトを見ていただくとして、私的に最大の収穫は、

「実家のゴミ屋敷化は実はよくある事だった。」ということ。

       f:id:tobiuo1120:20140707150935j:plain

 番組中でもサンプル数等は忘れたが、高齢者のいる実家を持つ女性の60%が、実家のちらかり具合に不安をもっているとのこと。番組ゲストの水道橋博士さん(タレント)、城之内早苗さん(演歌歌手)も体験談を語っていました。

番組中の再現ビデオでは、台所の戸棚を整理しようすると、母親が作ったらしきジャムなどが入ってるガラス瓶を発見。おそるおそる空けると虫がわいてて、悪臭が家中に充満したという。

「えー信じられん」といいたいところだが、実家の食器棚でミイラ化したゴキブリを発見している私としては、「あるある」だ。

また別の事例では、母親がもやしが好きで買ってくる。で冷蔵庫をみるともやしの下にもやしがあって、そのまた下にもやしがあってすでに腐敗しているという。

「なんでだー」といいたいところだが、数ヶ月前の卵バック(1個ぐらい消費)を冷蔵庫で発見している私としては、まったくもって「あるある」なのだ。

そのほか、玄関に使わない傘が10本以上あったり、戸棚に同じカレーパックが散乱していたり、台所の床に調味料やなべがじか置きされていたり。

一時「ゴミ屋敷」問題がワイドショーなので取り上げられ、住人が変人として扱われていた。私もここ最近の実家の様子から他人事ではないと危惧していた。実家には少なからず客人(仏壇があるので定期的に和尚がきたり、回覧版やら)がくるので、近所に悪い噂がたつのではと憂鬱でいた。

本人(母親)は「目に付くところは片付けている」というが、全然ちらかってるし・・。

そんなわけで、実家のゴミ屋敷化は全然特殊な事象ではないことが判明。


トイレの神様/植村花菜 - YouTube

 

あえて言おう。おばあちゃんは「トイレの神様」にでてくるような、きれい好きで元気なおばあちゃんばかりではない。むしろゴミだらけで平気なおばあちゃんのほうが多い。家が汚くても神様はいる。

トイレが汚かろうが家がゴミいっぱいだろうが、おばあちゃんはおばあちゃん。母親は母親だ。

NHK「あさいち」の主旨を、若干取り違えているという指摘もあろうが繰り返し言う。「実家のゴミ屋敷化は実はよくある事だった」ということ。

かなりホッとした。サンキューNHK